あの高い声はどこに?ジャパネットたかた社長の退任会見の声が低すぎて話題w

ジャパネットたかた社長

実は地声はかなり低めで渋い声!

テレビ通販大手「」といえば誰もが見たことある、おなじみ名物社長・高田明氏だろう。

今回その名物社長が退任するという事で記者会見を開いたのだが、その記者会見では驚くほど声が低くてネットユーザーの間で衝撃が走っている。

高田明氏といえば、テレビショッピングで甲高い声とハイテンションでの語り口で、お茶の間の心を掴んで売り上げを伸ばしてきた実績がある。実演販売の神がかり的なパフォーマンスの鍵は高田明氏の「購買意欲をそそる音波」とも言われる甲高い””が売り上げの秘密ではないかとして度々話題になっていた。

テレビショッピングでの高田明氏

しかし、その記者会見ではいつものような甲高い声ではなく、実は「普通」の声だったのだ。

会見での高田明氏

てっきり声が高めの人だと思っていたのだが、実際はテレビショッピングでのハイテンションは演技ではなく、想いを伝えようとしていたら自然にあのテンションになり意識せずあの甲高い声になっていたのだという。

後任は長男の高田旭人氏が社長に就任

記者会見では高田明氏の退任も含め、新社長として長男の高田旭人氏が就任することも発表。

「創業時からの理念を大事にして頑張りたい」と語り、新生ジャパネットへの決意を新たにした。

高田明氏の今後は…

退任後も1年程度はテレビ出演を続ける予定だが、個人事務所を立ち上げ「全国を歩いていろんな商品を発掘し、それをジャパネットに提供するような補佐的なことができれば」と語りジャパネットのサポートを続けていくようだ。

コメントはこちら


12 − 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください