【驚愕】泉大津駅のガンツ事件の真相が謎すぎるww

泉大津駅で電車に飛び込んだ女性が消える

泉大津駅ガンツ

事件は16日に南海線の泉大津駅で電車がホームに到着すると同時に、女性が奇声を上げながら線路に飛び込んだ。

電車急停車し飛び込んだ女性の安否確認したところ女性の姿は見当たらなかったという。

駅員「飛び込むの見た」運転手「目の前で消えた」と語っており、電車の窓ガラスに傷一つない、また車両にも血ついてもないというのだ。

当初、この事件がTwitterや2chで広がり幽霊説や、人気マンガ・()のストーリーに似ていることからリアル「」だとネット騒然している。

しかし、その後の調査で分かったことがその飛び込んだと思われる女性は、車体の下から這い出てそのまま「飛び降りたんや」と言い残すと、ホームによじ上って走り去ってしまったそうだ。

泉大津駅ガンツ

幽霊でGANTZではなかったようだが、あまりにも不可解点がいくつもあり、ますます真相が不可解な事件となっている。

山形県でも同様の事件が?

前日にも同様の事件が山形で起きていた。

15日午前10時25分頃、山形県酒田市の南鳥海駅構内で貨物列車の男性運転士が女性と衝突したと判断して緊急停車した。

酒田署員らが現場に駆け捜索したものの、線路周辺に人の姿はなく列車に人とぶつかった形跡もなかったという。

運転士は同駅構内に入る直前で左側に女性とみられる人影を目撃し、今回の事件と似ている部分がありネットでは「ホラー映画だ」「やはりガンツが始まった」などの意見が多数見られた。

GANTZ(ガンツ)とは?

ガンツ

週刊ヤングジャンプで連載されており嵐の二宮和也と松山ケンイチで実写映画化された。

今回の事件はマンガGANTZ1巻冒頭で主人公が電車にはねられそうになった瞬間、別の部屋に移されるシーンがある。

コメントはこちら


three × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください