透けてる!コロンビアの女子自転車チームで過激ユニフォーム!

コロンビアの女子自転車チームのユニフォームが目のやり場に困ると批判が集まる

コロンビア
男性にとってはうれしい話題の今回のニュースは、コロンビア首都ボゴタの『Humana』女子競輪代表の新しいユニフォームが、赤色、黄色をベースカラーにしていて、女性の大事な部分がが透けていて、『過度な露出で目のやり場に困る』『下品だ』と批判が集まっている。

このユニフォームのデザインについては「女性差別だ」という厳しい意見まで出て、半ば炎上状態だ。
今回の件で、国際自転車競技連合の会長であるブライアン・クックソン氏も「良識の基準から見て容認できない」と難色を示しているという。
しかし、実はよく見てみると、その大事な部分にはベージュの布が存在した。
がしかし、肌の色に酷似している。なのでパっと見、下半身が裸のように見えるのである。
今回、いきなり世界中の注目を浴びてしまったコロンビアチーム。彼女らは、今後スペインのポンフェラーダで行われる大会にも出場予定だが、出場のユニホームはまだ発表されていない。

コメントはこちら


3 + three =