川崎市で行われる奇祭「かなまら祭り(通称:チ○コ祭)」がカオスすぎる件

チンコ祭
↑AVでもネタにされている ※実際のかなまら祭りではこういった光景はありません

AVでも度々ネタにされる程だが、実は由緒正しき伝統的な奇祭

みなさんはご存じだろうか。毎年4月の第一日曜日に若宮八幡宮境内社金山神社(神奈川県川崎市川崎区)で行われる「」という祭。

マニアの間では超有名イベントで別名「」と呼ばれているのだが、なんと神輿の上に”黒光りする鉄製のチ○コ”や”巨大なピンク色のチ○コ””木製の巨大チ○コ”が乗っていたり、屋台ではこれでもかと言わんばかりにチ○コグッズが売られているのだ。

かなまら舟神輿
エリザベス神輿
かなまら大神輿
かなまら祭り
かなまら祭り1
かなまら祭り2

祭りの参加者も女装しているオッサンや、コスプレしている人、欧米系の外国人の参加者も多くグローバルかつエキゾチックな感じがまさにカオス状態と言えるだろう。

かなまら祭り3
かなまら祭り4
かなまら祭り6
かなまら祭り5

ちなみに紹介したチ○コ神輿にはそれぞれ、黒光りする鉄製のチ○コは「かなまら舟神輿」、巨大なピンク色のチ○コは「エリザベス神輿」、木製の巨大チ○コは「かなまら大神輿」と名前が付いている。

「かなまら舟神輿」と「かなまら大神輿」は担ぎ手が地元の男性が中心で「エイサーオイサァー!」との掛け声に対し、「エリザベス神輿」はエリザベス会館のニューハーフや女装者が中心で掛け声は「かなまら!でっかいまら!」と独特の掛け声なのも面白い。

この「かなまら祭」は江戸時代に川崎宿の飯盛女達が性病除けや商売繁盛の願掛けを行ったことに端にこの祭が行われるようになり、子孫繁栄・夫婦和合・性病快癒・安産・下半身の傷病治癒などを願う者や、エイズ除け・不妊治療を願う参拝の人も多い。

下ネタが強烈なので卑猥な祭りのイメージだが、以外にも?日本だけでなく国際的にも有名な、由緒正しき伝統的祭りなのでご注意を!

コメントはこちら


thirteen + 3 =