結局どっちがモテる?性の早慶戦!

早稲田対慶応

慶応OB100人と早稲田OB100人にアンケート

日本の私立大学の最高峰2強に君臨し、何かと比較される慶応大学と早稲田大学。

“チャラい”イメージの強い慶応生と“真面目な”イメージの強い早稲田生(勝手な偏見だが…)の各大学OB100人ずつにアンケートを行ったのだが、童貞率が以外にも慶応の方が高かったのだ!

童貞率が早稲田が7%に対し慶応が8%と上まったのだ。というより以外にどちらも童貞多いんだなと…。

今回はOBアンケートなのでみんな社会人。社会に出たら結構モテるイメージのある早慶でも童貞は結構いるということだ。

ちなみに「経験人数10人以上」の強者が多いのは慶応、早稲田は全体の4分の1が「経験人数3人」と何となくここはイメージどおり。

“チャラい”と“オタク”の格差の開きが大きい慶応と、格差のあまりない早稲田といったのが今回のアンケートで出た感想だ。

OBの年収など金銭面は慶応がリード

慶応OBは平均年収632万円だったのに対し、早稲田OBは平均年収572万円と慶応がリード。

ちなみに日本のサラリーマン男性の平均年収は502万円なので、やはり私立大学の最高峰2強は強しと言ったところか。

学生時代のお小遣いは…

実家から通う学生(実家生)のお小遣いに関しては、慶応は平均2万4990円に対し早稲田は平均7548円と約3倍の差!

ひとり暮らしの学生(自宅外生)の実家からの仕送りは慶応は平均9万1978円に対し、早稲田は平均6万1990円と慶応が圧勝だった。

1 Comments

  1. やっぱり慶応だなー、受験がんばろー

コメントはこちら


two × 4 =