【衝撃】小保方氏が作製したSTAP細胞200回成功の真実

正体は「自家蛍光」!!

20140410144748f9c

STAP細胞の検証実験の中間報告を8月27日、理化学研究所が公表した。

今回の報告では、22回の実験うち半数以下で細胞の塊が見え、その塊からは緑色の蛍光や波長を変えると赤色の光も観察でき、細胞が死ぬ時にみられる「自家蛍光」に似た現象が発生していた。

自家蛍光とは、ミトコンドリア等の生物学的構造が自ら光を吸収し、光の蛍光を行うこと。小保方晴子氏が「STAP細胞の作製を200回成功した」と言ったのは自家蛍光だろうとみられ、その可能性が確かであればSTAP細胞は存在しないということになる。

今回の報告内容は、小保方氏らが後に撤回した論文に基づいて万能細胞を作製。結果は細胞の塊が出来たが、上記のような結果になった。

images

そもそも200回成功自体に疑問符の声も

小保方氏が所属する理研では研究者ら数十人が集まり、ネット中継で小保方氏の主張に聞き入ったが時折苦笑する研究者もいたり、小保方氏の発言に「どの段階を成功?」「200回作製には最低数年はかかる」と冷ややかな声が多数あるのが現状だ。

5ccabf06-s

コメントはこちら


15 + 1 =