【デング熱】タレント紗綾とブランチレポーターの青木英李がデング熱に感染!

モデルの紗綾と青木英李がブランチロケでデング熱感染か!?

紗綾

TBS系『王様のブランチ』のレポーター、青木英李と人気モデルの紗綾がデング熱に感染していた事が分り、TBSのニュースで報じた。
デング熱に感染したと報じたタレントの青木英李と紗綾は8月21日の午後、代々木公園で王様のブランチのロケをしていて、この時に蚊に刺されたのが原因と見られているという。

 青木は当日に更新したブログで「今日のロケで…代々木公園で小学生ぶりに虫とりをしたよー」と紗綾と2人で炎天下夏の代々木公園での楽しそうなロケの様子を更新していた。ブログは26日以降書き込まれていない。

 ネットでも人気のタレント紗綾は8月27日のブログで「お盆の時に風邪を引いて、熱が出て…昨日からまた熱が。前回の熱が比にならないくらいきつーい。すぐに喉が渇くし、水分が手放せません」と症状を記している。当時は風邪のぶり返しと思っていたようだ。

紗綾ブログ

現在代々木公園で19人が感染中

厚生労働省の発表では埼玉、東京、千葉、茨城、神奈川、新潟の各都県に住む19人で新たに感染が確認されたと、9月1日発表した。
いずれも海外渡航歴がなく、発症前に東京都立代々木公園周辺に訪れており、厚労省は公園周辺でウイルスを持った蚊に刺されて、感染したとみている。

デング熱代々木公園

コメントはこちら


nineteen + twenty =