【音楽業界終了】ゴールデンボンバー、握手券無しのCD売上が4分の1に減少。。

特典ゼロで販売したCDの売り上げはいかに?

ゴールデンボンバー
人気4人組バンド・ゴールデンボンバーが、握手健などの『特典ゼロ』での販売に挑戦した新シングルCD「」(8月20日発売)の初週の売り上げが、8月13~24日の販売枚数は推定4万2845枚でとなることが分かった。
同週のランキングではEXILEの新シングルに次ぐ2位につけたが、これまでの特典付きで販売CDしたを大きく下回った。
当初の売り上げ予想は、握手会チケットや懸賞などさまざまな特典を付けて4形態で販売し、発売第一週で15万8000枚を売り上げた前回のシングル「101回目の呪い」の5分の1となる3万枚程度になるとみていたが、ふたを開けてみると4万2845枚と予想の1.4倍で着地。それでも「101回目の呪い」の3分の1以下だ。

楽曲目当てで買って欲しい”と作ったシングル

 ボーカルの鬼龍院翔さんは、この結果を受けた26日付けのブログで、「誤解を恐れずに言うと、音楽は特典に勝てない」と分析。一方で、自分の意見を通した作品をたくさんのファンが買ってくれたことが「嬉しい」とつづった。

ネットの反応は?

『これは重く受け止めるべき』『鬼龍院翔という人がものすごくカッコイイ男だということだけはわかった。』『アイドル的な売り方できないミュージシャンには逆風だな』等応援するコメントが多数寄せられている。

今後の他アーティストにも同様に販売して、音楽だけで勝負してほしいとの意見が多かったようだ。

コメントはこちら


eight + 19 =