【悲報】市川由衣の映画が過激すぎて上映禁止の映画館が増えている…

市川由衣の主演の映画『海を感じる時』がエロ過ぎて上演NGww

市川由衣ャ
『呪怨』、『NANA2』で人気を集めた女優の市川由衣が、8年ぶりに単独主演を務める映画『海を感じる時』が、ラブシーンが過激すぎて上映NGの映画館が増えているらしい。
「もちろん、抵抗はありました」と今作品の主演を務めた市川由衣の偽らざる気持ちが、この言葉に表れている。
市川由衣濃厚
市川濃厚2
予告映像ではすでに、濃厚な絡みのシーが公開されていたが、当初は劇場での上映を予定していたものの、過激な描写が多かったことからNGの映画館が増えているようだに。市川が演じる主人公・恵美子が学生時代から憧れていた池松壮亮演じる先輩・洋に無理やり制服を脱がされるシーンや、恵美子と洋が濃厚なキスを交わす場面や、布団に入った恵美子の手がガムテープで縛られるシーンなど、、市川と池松のあまりに濃厚がな絡みなど、ネットでは上映前から話題になっていた。
女優としての誇りを懸けて演じ切った市川は、完成作を観て撮影当時の思いがよみがえり、涙を流したという

コメントはこちら


nine + nine =