【哀悼】高倉健さんの命日が・・・まさかの偶然に驚きの声

健さん、昭和の大スターと同じ命日

高倉健 命日

10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した、日本を代表する名優、高倉健さん。
あまりにも悲しすぎる訃報に日本中が悲しんだ。
数多くの伝説を残した高倉健さん、最後の最後まで伝説を残して旅だったようだ。

それは健さんが亡くなった日が、同じ昭和のを代表する俳優・森繁久彌さんと、女優・森光子と同じ11月10日というのだ。
森繁久彌は2009年に、森光子は2012年になくなっており、健さん含めて3人はこれまで映画・映像分野の俳優4人しか贈られていない文化勲章の受章者を受賞している。

この情報に、関係者やネットでは『こんな偶然があるなんて』と驚気の声が上がっている。

文化勲章とは?

森繁久弥

文化勲章とは、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者に授与される

歌舞伎を抜かした俳優では、4名した受賞しておらず、1991年の森繁久弥さん、2000年の山田五十鈴さん、2005年の森光子さん、2013に高倉健さんが受賞している。

コメントはこちら


1 + one =