【世界初!】ココロの病気の心療内科アニメ発表!

僕らはみんなヘンタイだから

うつ、ロリコン、露出狂、認知症……。

ネタにするには危険なメンタルの病気の数々を現役心療内科の医師「」がギャグテイスト満載に解説する『マンガで分かる心療内科』。

その衝撃的かつ笑劇的な内容が人気を呼びシリーズコミックは累計300万部突破し、ついにアニメ化が決定した!

その名も

アニメ化自体の発表は10月14日だったのだが「詳細は11月10日に発表する」とされていた。

予定通り昨日、詳細が発表されたのだが……。公式Webサイトには「勝手にメンタルしやがれ」と挑戦的なキャッチコピーつきでキャラクターの正面から見たショットが公開された。

そこには、露出、盗撮、SM、DV、認知症、女性化願望という容赦ないキャラクターのショットが。

アニメでわかる心療内科
↑明らかになった登場人物のショット。危険な匂いしかしない。

11月10日に公式TwitterでキャストとPVが発表された。

アニメでわかる心療内科2

アニメでわかる心療内科3

アニメは、2015年2月よりWEBアニメとして配信開始予定!

それ以上の情報はまだ出ていないが、今後の発表も要チェックな作品だ。

『マンガで分かる心療内科』とは

原作者のゆうきゆう氏が代表を務める心療内科『』のWebサイトで不定期連載されていたマンガで、2010年より『ヤングキング』で連載を開始し現在も連載中の人気マンガ。

現在単行本が11巻まで刊行されており、ギャグテイストではあるがしっかりと心療内科で取り扱う症状について解説しているため、さまざまな心療内科で取り扱われる症状についての知識を深めることもできる作品だ。

そういう内容の作品であるため被害妄想などの風評被害にも数多くさらされており、今回発表されたPV動画のコメント欄にも早速危険な気配の感じられるコメントが投稿されていたりする。

「ココロがビョーキ」とはどういうものなのか、もしかしたら自分も該当していないか、この期に確認しては?

コメントはこちら


5 × five =