【悲報】「ハイスコアガール」著作権法問題により書店の本棚から消える

他社のゲームキャラクターを無断使用したとされるスクエニが家宅捜索

61TRWyvnQlL._SL500_AA300_

「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などヒット作を連発するゲームメーカー『』。月刊ビッグガンガンで、そのスクエニが社が連載中の漫画「」で他社のゲームキャラクターを無断使用したとされる著作権法違反容疑で8月5日、大阪府警の家宅捜索を受けた。

今回は「ハイスコアガール」のアニメ化に向けて映像製作会社が「」に格闘ゲームのキャラクターが使用されている事を問い合わせて発覚。SNK社が5月に告訴。無許可使用の疑いで捜査を受けているが、その他にも無断使用は100カ所以上とされている。スクエニ社は「著作権侵害の事実はないという認識だ」と言っているが単行本などを回収し、書店の本棚から姿を消した。

スクエニ社がなぜ?

「著作権侵害の事実はないという認識だ」と回答したが、作中に登場するゲームの全ての許諾を取っていなかったわけではなかったとの事。そもそも著作権自体の保護範囲が不明確なのが現状であり、違法であっても訴えないことや訴えないがために違法のボーダーラインが曖昧なままであること。これらの理由から、日本の著作権は、使う者、使われる者の間で「なあなあ」で運用されてきた背景がありスクエニ社自体も認識が甘かったようだ。

img_3

コメントはこちら


eleven + fifteen =